トライボロジー融合研究会

ごあいさつ

栗原 和枝

 文部科学省のプロジェクト、グリーントライボロジーネットワーク並びに東北発素材技術先導プロジェクトに取り組み、参画した研究者はその後も様々な形で研究を進め、トライボロジーの新しい展開が進んでいることを大変嬉しく思っております。

 この度、このような拠点活動を継続し、材料、機械、計測、シミュレーションなど関連分野の融合研究をさらに推進することで、エネルギーの効率化などの社会的/技術的課題に貢献するとともに、地域における中小企業の生産力の向上や新事業創出に役立ちたいと考え「トライボロジー融合研究会」を設立いたしました。東北大学の研究者を中心に素材先導プロジェクトで開始した地域との連携活動をさらに進め、グリーントライボロジーネットワークも合わせて推進した融合研究、科学と技術の連携を一層深めてゆきたいと考えております。世界に先駆けた研究を発信しながら、国内企業そして地域企業との協働も進めてまいりたいと存じます。

 共同研究や共用装置利用のきっかけ作り、技術開発アドバイス、企業の若い技術者の方の研鑽の場、技術者の交流の場作りなど、幅広く目標に資する活動を会員の皆さまと作っていきたいと考えております。多くの皆さまに参画いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

東北大学未来科学技術共同研究センター 教授
東北大学トライボロジー融合研究拠点代表
「トライボロジー融合研究会」会長
栗原 和枝

概要

東北大学未来科学技術共同研究センター 栗原プロジェクトは、これまで培ってきたトライボロジー(摩擦)に関する材料、機械、計測、シミュレーションなど関連分野の融合研究をさらに推進することで、産学官連携による共同研究開発プロジェクトを創出するとともに、地域ものづくり中小企業の生産性向上やエネルギー効率化及び新事業創出に資する取り組みを支援し、地域産業の競争力強化を図ることを目的として、「トライボロジー融合研究会」を平成30年7月3日に設立いたしました。

詳細はこちら

会員のご案内

トライボロジー融合研究会では研究会にご参加いただける会員を募集します。
本研究会ではセミナーや研究会等の開催、情報提供、個別相談対応・コンサルティング等を行います。
「会員募集のご案内」「研究会規約」をご確認の上、申込フォームよりお申し込み下さい。

イベント

日本塑性加工学会プロセス・トライボロジー分科会及び
トライボロジー融合研究会合同研究会終了

  • 日時令和2年1月28日(火)
  • 時間13:00~17:00 (受付 12:30~/技術交流会 17:15~)
  • 会場東北大学北門会館エスパス
    (〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1)
  • 定員[講演会]50名 [見学会]30名(いずれも参加費無料)
  • 主催(一社)日本塑性加工学会プロセス・トライボロジー分科会(主査:岐阜大学教授 王志剛氏)、Tri-F研究会の主催、共催:NiCHe

(PDF 1.34)

イベント一覧

ニュース

ページトップへ